1:2014/03/06(木) 22:44:26.82 ID:


013年末、リニューアルした学会誌の表紙イラストが大変な物議を醸した
人工知能学会による最新号の表紙が話題を呼んでいる。

■女性型アンドロイドのイラストが「女性差別」と大炎上

メイド風の女性型アンドロイドが手にほうきを持ち、読書をしながら掃除する姿の
『人工知能』表紙に対して、「女性差別」「男の欲望が具現化されてて気持ち悪い」
という指摘が起こり、学会が「差別する意図はなかった」という声明を出すまでに至った。


そして、その次号である『人工知能 Vol.29 No.2』が2014年3月から会員向けに
配布開始された。それが、エンジニアの初音玲(@hatsune_)さんが投稿した表紙画像だ。

■前号の続き? 最新号はアンドロイド視点の表紙

この表紙を見ると、今回は、前号の女性型アンドロイド視点でのイラストが描かれている。
そして、女性が読んでいる本は、ドイツの哲学者・ヘーゲルさんの精神現象学についての
テキストだということも明らかになった。

気になるのは表紙だけではなく、最新号の小特集が「「人工知能」表紙問題における
議論と論点の整理」と、前号での表紙騒動自体を扱った自己言及的な内容となっている点だ。

この人工知能学会のスタンスに、Web上では

・いいぞもっとやれ
・この切り返し方は好感が持てる
・素晴らしい対応。知性を感じる
・懲りないなwww
・火に油を注いじゃうのでは…?
・ストーリーがありそうで気になる

など、様々な声があがっている。

http://kai-you.net/article/3705